着物さくさくのこと

着物さくさくのこと

着物さくさくでは、個性や思いを込めて、おもわず笑みがこぼれるものづくりや、着付けを通して豊かな心と時間をお届けいたします。着物も今では、着る人のライフスタイルや価値観を表現する手段となっていて、「個々のいろんな表現があって当然。」着物さくさくはそう信じています。最初の一歩を踏み出したら、後は自分に合う着物の愉しみを広げていけるはず。そのためのお手伝いをしています。一緒に着物を楽しみましょう。

講師プロフィール

講師プロフィール

和裁・着付け教室講師、さくさくぷらす主宰。
1968年大阪生まれ。物心つく頃には、和裁士だった祖母の影響かなんとなく布好きになり、自然とモノづくりに興味を持ち、不思議なことや美しいモノが好きな空想の世界に遊ぶ少女時代を過ごしました。
嵯峨美術短期大学ビジュアルデザイン科卒業後、トーア紡織㈱へ就職。商品企画・デザインに従事。テキスタイルデザインで独立開業。働きながら夜間の服飾専門学校に2年間在籍。思い切って、デザインの仕事を廃業し、奈良きもの芸術専門学校に入学。4年後卒業和裁所に入所。2009年1月に和裁と着付けの教室「着物さくさく」を開始。「簡単、キレイ、動きやすい」次世代型襦袢シャツ 「ふぁんじゅ」開発を機に2014年5月さくさくぷらす開業 。同年11月SakuSakuPlus Online shop開店。一方、着付けは1990年大手着付け教室に通い、和裁学校の4年間で着付け師範取得。着付けの技術も様々な技法があることに興味が湧き、その後も刺激的な先生が主宰する着付け教室で学んだり、機会をみつけて自分の幅を広げている。

2015年12月

七緒vol.44(冬号)”らくに着るヒント”で「ふぁんじゅ」が掲載されました。

2015年7月

七緒vol.42(夏号)”ゆかたで、日本あそび”で着付け担当させていただきました。

2015年5月

キモノイベント「わ~と日本橋」参加。6月梅田阪急本店のぬぬぬぱなぱな展にて「ふぁんじゅ」販売。

2013年~2015年6月

ぬぬぬぱなぱな展「キモノ井戸端会議」にて講師。

2014年2月

季刊きもの 和裁のひろば掲載

2012年~2014年

「本町キモノフリーマーケット」主宰。

2012年~

海外の日本観光案内、雑誌、CM、企業HPのムービー、スチールの撮影の着付け。

2012年12月

「七緒」vol.32 特集着物をどんどん着たくなる魔法の「収納」計画掲載。

ページの一番上へ