お知らせとイベント案内・ブログ

七五三の季節です

424a503136c2f415aec237cd305c94c7_m

七五三の季節です☆

うちは三人兄弟だったので、毎年、誰かが七五三の年に当たっていて、この時期になると兄弟揃っておべべを着せてもらって、いつもの神社にお参り、何故か毎年千歳飴の袋を握ってた様な記憶が・・・。そんなことで、随分大きくなるまで七五三は毎年の秋の行事だと思ってました(笑)

昔は子供の誕生日近くの吉日に行われていましたが、江戸末期に現在の11月15日に定まりました。
この日は鬼宿日(きしゅくにち)と言って、婚礼以外は万事に大吉とされたためです。ちなみに鬼宿日は鬼が宿に居てる日で、出歩かないため、何をするにも良い日なのだそうです。

現在では両親のお仕事の都合等や、11月の大変混み合うのを避けて、時期を早めて10月中旬~11月前半の吉日や土日祝日にお参り、お祝いされる方も多くいらっしゃいます。

七五三の年齢も神社では年齢は数え年(=お腹にいる間を1年と数え、生まれた時が1歳とし、元旦にひとつ年をとる数え方)で表すのが普通です。が、数え年でも満年齢でも、または、兄弟姉妹を一緒に合わせてお参りしても☆数え年にこだわり過ぎず、七五三の意味を理解して皆が健やかにお参り出来る時にが一番良いかと思います。

三歳の「髪置きの儀」と五歳の「袴着の着」、七歳の「帯解きの儀」とし、晴れ着を着て健やかな成長とこれからの幸福を願い神仏にお詣りします。

三歳「髪置きの儀」は昔は3歳になるまでは髪を剃っていて、はじめて髪をのばし、髷を結う行事です。男女共に行わ れていましたが、現在では女児の祝いとなりました。

五歳「袴着の儀」は 始めて袴をつける行事。
こちらも男女共に行わ れていましたが、服装の変化 と共に男児だけになりました。

七歳「 帯解の儀」は幼児用のひも付きの着物から、つけ紐を取り、本式の帯を結ぶ女児の行事です。

七五三に付きものの「千歳飴」は江戸時代に浅草の飴売りが売り出した「千年飴」 「長寿糖」が始まりだそうです。子供の長寿を願い、紅白の長い飴を、鶴,亀、共白髪 の目出度い図案の袋に入れ、お世話になった人たちや近所に配ります。実は子供を喜ばせるための飴では無くて、甘いものが貴重だった江戸時代には大人も嬉しいものだったのですね。今でも七五三のお祝い返しに千歳飴を配る家庭も多くあるそうです♪

コメントを残す

ページの一番上へ